Skip navigation

Category Archives: デリヘルを利用する前の注意点

デリヘルと言うのは自宅、もしくはホテルに風俗嬢を呼ぶ形になると思いますが、その形を取る場合に時に風俗嬢をホテルに呼ぶ事を選ぶ人も居ると思います。

もしもホテルに呼ぶ場合には、シャワーのあるような場所を選ばなければなりませんのでそう言った点には十分注意を払って置きましょう。

それ以外の事に関しては、あまり安すぎるお店を選ぶと失敗しがちなので注意をすると言う事と、後は時にデリヘルなどを呼ぶ事を元から許可しているようなホテルがあるので、そう言った所を利用する事をお勧めします。

特にラブホテルなどに関しては、そう言ったデリヘルの利用を許可している、またはそれらに理解のある場所が多いものです。

後から連れが来ると言う事を申し出ておけば、ラブホテルの方もどういうことか理解をしてくれるとは思います。

元々男女がそう言ったプレイを行うための場所でもありますし、そうして考えると下手なホテルよりもよっぽど設備的にも値段的にも優しいものになるのではないでしょうか。

もしも自宅では無くホテルなどに風俗嬢を呼ぶ場合には、それもまた注意をしなければならない点と言うものもあるとは思いますが、今上げた点について気を遣っているといざと言う時の利用が楽になると思います。

デリヘルなどを利用する前に注意が必要なのは、自分の持ち金のチェックだと思います。

風俗嬢が部屋、もしくはホテルにデリバリーされた後、プレイ内容を確認してからその後料金を払うことになるのですが、その手持ちのお金が無い場合は風俗嬢を待たせて困らせてしまうことになると思いますし、そう言った事が無いように最初から注意をして、手持ちの金額を確認して置きましょう。

元々どんなプレイを行うのかを分かっている上で風俗嬢に頼むのですから、それに掛かる料金も自分で把握する事は出来るはずです。

ホームページなどをチェックするようにして、それらに掛かる料金を見たらそれと同じ額だけ用意しておきましょう。

勿論多少余分にお金を持っておくのも大切だと思います。

風俗嬢と対面して料金の確認をしていた際に、自分の中での計算が合わずに予想外の金額を取られてしまう場合もありますから、その辺りも頭に入れておくと良いかもしれません。

デリヘルなどを何度も利用しているような人にとってはそう言った失態は無いと思いますが、初心者となると他の事にばかり気を取られてお金の管理まで配慮が回って居ないと言う人も以外と居るものですので、初めて利用を試みる人何かは特にそう言った点に注意しましょう。

本来未成年が風俗店で働く事は、その地域の条例によりますが大半は違法とはなりません。

ただし18歳未満となるとその問題は大きくなってしまいます。

そう言った若い子を使っているお店側に問題がありますが、そう言う未成年の子が居る場合には十分注意をして置きましょう。

18歳未満の風俗嬢の場合はそれは違法になりますし、そう言った人が相手だと分かった時点でお店を通報する必要があると思います。

デリヘルなどは特に年齢などを記載しているところが多いと思いますが、その記載されて居る年齢をよく見て、デリバリーして貰う女性を考えましょう。

ましてや違法行為を行っているような風俗店と言うのは元より新湯が出来るものではありませんから、そのような風俗店はどれだけ魅力的に見えたとしても利用しない方が良いと思います。

そう言った風俗店などに騙されて、必要以上のお金を払わなければならなくなった人と言うのも居ると思いますし、お客側としてもそういったお店選びは重要なポイントとなる事を覚えて置けば損は無いはずです。

日常的にそんな風俗店を比べるような事も無いと思いますし、噂を聞く事も少ないとは思いますが、今はネットが多く広がっている時代ですので、そのような場所の情報を得るのも楽なものだと思います。

それらを上手く利用して、自分の向かう風俗店の事をよく見て判断しましょう。

風俗店と言うのは主に厳しいルールと言うものがありますから、それを守るのもお客としてのマナーだと思います。

ですが時に、お客側もしくは風俗嬢側がそのルールを破ろうとしてしまうことがありますから、そう言った事にならないように、もしも風俗嬢側から誘われたとしても基本的には断る事が出来るようにと意識を持つことが大切です。

特にデリヘル何かでは、風俗嬢と部屋で二人きりになりますからそう言った誘惑に打ち勝つことが出来ないと言う人も多いのでしょう。

ですがもしも風俗嬢の方から禁止プレイなどを求められた場合などには、極力断りを入れる事が大切だと思います。

相手側から誘われたのであれば普通は罪にはなりませんが、本来ルール違反である事を自覚してそう言ったプレイを行うのですから、同意の上と言えど後で何をいわれるかも分かりませんし、本来の風俗の楽しみ方ではありませんのでそう言う事は避けるようにしましょう。

ソープなどでは泣くデリヘルなどで本番を済ませようと考えている人なども多く、それを許してしまう、または寧ろ自ら誘ってしまうような風俗嬢も居るようですが、何故禁止とされているのか、その理由をよく考えて利用の際には十分に注意をしていく事が必要だと思います。

体を売りにする事を仕事としている風俗嬢ですが、相手は女性ですので気遣わなければならない点と言うのは何かと出てくるものだと思います。

それ以前に人として、いくらそう言った仕事をしているからと言えど失礼な態度はわきまえなければなりません。

どうしても風俗と言うものはだらしが無いイメージを持つ人が多いようで、偏見ばかりが詰め込まれているような人も居るようですが、相手も人ですのでいくら仕事と言えど全ての嫌な思いを受け入れられるわけでは無いはずです。

仕事として決まっている事柄やプレイは行うことが出来るとは思いますが、それ以外の事に踏み込むのはマナー違反です。

風俗嬢を相手に気に入ったからと私生活の事まで聞きだそうとしてしまったり、プライベートに踏み込む事はもっての他、そう言った行為に近い事は避けるようにする事が礼儀だと思います。

それでなくとも風俗と言うのはルールの厳しいところでありますから、自らそう言ったルールを気にして守れる人でなければ、時に失礼に値する行為をしてしまう恐れはあると思います。

こうした仕事に対して偏見を持つ人は多いものですが、基本的に仕事は仕事、お客としてお店を利用するのならばお客として失礼の無い行為をする事は当然だと思う事が大切です。

デリヘルなどを利用する際にはプレイ時間などに応じて支払わなければならない料金と言うものも変動します。

ですからそう言った点を考えて、どうしても安くしようと短い時間での利用を注文してしまいがちの人は多いと思いますが、プレイ時間を短くしてしまうとそれなりにデメリットと言うものも出てきますので、十分に注意してプレイ時間を考えなければならないと思います。

ピンサロとは違いデリヘルの場合はシャワーを浴びる必要もありますし、そうしてシャワーを浴びると言う事もプレイ時間の中に収められて居ますから、そうして考えるとそのプレイ時間の10分から20分はそれで使われてしまうと言う事になります。

その後にプレイを行おうとした場合、利用時間をあまり少なくしていると物足りなく感じてしまう場合もあるでしょう。

そうした事をトータル的に考えて、利用の際のプレイ時間を決めていく事がお勧めです。

また、風俗嬢にとっては仕事ですから、5分だけでもプレイ時間を延ばそうなどと考えた場合にも断られることが多いですし、それはマナー違反となりますので、ちゃんと時間通りに終わらせられるような計算をして置きましょう。

風俗嬢を呼んでから焦りを感じない為だけで無く、気持ちよく風俗店を利用する為には時間の計算も大切な事になります。